徹底紹介!最短即日発行できるJCBの特徴とは

クレジットカードを作るとき、どの決済システムを利用するか選択をしなくてはなりません。大手でいえばVISAやマスターカード、JCB、アメックス、ダイナーズなどがあります。最近では中国発のシステムである中国銀聯(UnionPay)も勢力を伸ばしてきています。カードを発行している会社はたくさんありますが、どのクレジットカードでも必ず決済システムとの提携が行われており、作ったカードはその決済システムに加盟している店舗での支払いに利用することができます。この決済システムは「国際ブランド」とも呼ばれ、世界中さまざまな場所で加盟店を増やしています。

クレジットカードに関わる業務は2つあります。1つは加盟店を増やしていく「アクワイアラ」と言われる業務です。加盟店が多くならないと利用できる場所が限られてしまい、カードの利便性が向上しません。加盟店を増やしていくことで、世界中どこでも利用できるようになります。もう1つの業務がイシュアーです。これは個人や法人にカードを作ってもらうための業務です。一般的にはイシュアー業務はカード発行業者、アクワイアラは国際ブランドが担当しています。カード発行業者は国際ブランドと提携してカードを発行しています。そのためさまざまなカード会社で共通の国際ブランドが利用されているのです。

クレジットカードにはさまざまな特典やサービスがあります。決済能力だけではなく、そうした特典やサービスを用意することによって、カード発行業者は顧客獲得を狙っています。そのため、同じ国際ブランドが搭載されたカードでも、発行業者が違うと利用できる特典やサービスが全く異なります。国際ブランドが行っているサービスに関しては、どのカードを作っても同じブランドであれば利用することができます。

しかし世の中にはアクワイアラがイシュアー業務を行っているものもあります。JCBもそうした国際ブランドの1つです。これはカード発行全体数で見るととても少数です。国際ブランドによって行われているサービスが異なりますが、JCBの場合は日本国内でのサービスが豊富にあるのが特徴でしょう。もちろん海外でも利用することができます。JCBはアメリカンエクスプレスやDiscoverと相互提携を行っていますので、これらのマークのあるお店ではJCBのマークがなくても利用することが可能です。UnionPayが登場するまではアメリカ以外の国が発祥となった唯一の国際ブランドでした。海外ではアジア圏でのシェアが高くなっています。決済システムの拡大に力を入れるよりは、旅行先の保険やサービスデスクに力をいれている会社です。こうしたカードをT&E(Travel & Entertainment)カードブランドと呼びます。

さて、JCBの特徴が分かったところで、即日発行をしてもらうためにはいくつか条件があることを覚えておかなくてはなりません。いつでも即日発行ができるというわけではないのです。即日発行してもらうためには、3つの条件があります。

まず1つ目が平日の14時までに申し込みをしなくてはならないということです。週末だったり平日でも14時以降となってしまうと、受付が翌日扱いになってしまいます。オンラインで申し込みができます。書面で申し込みをすると郵送で時間がかかってしまいますので、急いでカード発行をしたいときは必ずオンラインを選びましょう。

2つ目に、オンライン口座設定が必要になります。対応している金融機関は、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行などのメガバンク、りそな銀行、千葉銀行、横浜銀行、静岡銀行、広島銀行、スルガ銀行などをはじめとした地方銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行などのネット系銀行とゆうちょ銀行です。対応している金融機関はWebサイトで確認しておくとよいでしょう。もし対応している金融機関の預金口座がないと、オンライン口座設定ができませんので、即日発行ができません。

また、登録するためにはインターネットバンキング契約カードかキャッシュカード・預金通帳が必要になります。紛失していなければどちらか必ず持っているはずです。もし銀行口座がなくても、平日金融機関窓口が開いている時間でしたら、その場で口座を開設することができます。金融機関の窓口はたいへん込み合うこともありますので、午前中に口座開設をすれば、クレジットカードの申し込みには間に合うでしょう。14時までに申し込みをした場合でも、15時までに「カードオンライン入会判定結果のお知らせ」が届かなかった場合は、処理が翌日になってしまいます。

また、住んでいる地域が九州や北海道、沖縄や離島の場合はカードの発送に時間がかかります。この即日発行について1つ注意しなくてはならないのが、その日のうちに発行業務までは行われますが、カードデスクのような場所で受け取ることができるわけではありませんので、必ず郵送で受け取らなくてはなりません。郵送ではどんなに早くても翌日受取になりますので、申し込んだ当日から利用することはできないのです。

そして3つ目の条件として、カードのデザインは一般のものでなくてはいけないという点です。

一般会員カードとゴールドカード、どちらもその日のうちに発行することは可能です。しかし学生や若者向けのエクステージカード、ゴールドエクステージ、ゴールドザプレミア、エイト、ドライバーズプラス、LINDA、旅カードなど、他の種類のカードはすべて対象外となっています。カードの利用目的によっては、こうした別のカードを選んだほうが総合的にはメリットが多くなることもあります。絶対に翌日にカードを受け取りたいというわけではないのであれば、他の種類のカードの特徴も確認してからカードを選ぶようにしましょう。結局早く受け取ることができても、メリットはそれだけだからです。ポイント還元率もカードによって異なりますので、たくさん利用してポイントを貯めたいと思っている人も、慎重にポイント還元率を比べてから判断しましょう。中には年会費がかかるカードもありますが、ショッピング保険の有無などサービス内容も異なっています。限定デザインカードの発行もありますが、こちらはすぐに発行することはできません。

JCBではさまざまな入会特典を用意していることがあります。どのような入会特典があるかはそのときの状況によって異なりますが、カードを作って特定のお店で利用した時にキャッシュバックを受けることができたり、ApplePayなど外部サービスを利用することで、キャッシュバックが行われるものもあります。申し込みするときにどのようなキャンペーンが利用できるのか確認しておくとよいでしょう。こうしたキャッシュバックの有無によっては、お得にカードを作れるときとそうでないときがあります。また、クレジットカードの発行全般に言えますが、直接サイトから申し込みをするよりも、一度ポイントサイトにアカウントを作り、そこの広告からアクセスしたほうがポイントサイト側でキャッシュバックを得ることができます。どちらも審査内容は同じです。しかし広告経由の申し込みというだけで、お得にカードを作れる人とそうでない人が分かれるのです。ポイントサイトのポイントは、現金として金融機関に出金することも可能です。クレジットカードの獲得ポイントはどこのポイントサイトでも高額案件となっているものが多いので、カードを作るときは広告を見比べて、少しでもたくさんキャッシュバックがある広告を選ぶとよいかもしれません。

それでは即日発行できる一般カードとゴールドカードにはどのような違いがあるのでしょうか。まず審査基準からいうとゴールドのほうが難易度は高くなります。審査で判断されるのが、年齢、勤務先情報、勤続年数、年収、他社での利用状況です。他社での利用状況は信用情報にアクセスすることによって確認することができます。

カードの利用が多いと有利に判断されることがありますが、滞納など事故を起こしているとマイナスの評価となります。また、家賃支払いの有無でも判断されます。高い家賃を払っていると収入が多いと思われるかもしれませんが、実はその真逆であり、家賃支払いがないほうがカードの審査では有利です。家賃の支払いは支払い能力を圧迫する要因でもありますので、家賃は低いほうがカードは作りやすいのです。

実家暮らしで結婚していない人がカードは作りやすくなります。家庭があって子供がいると出費も多くなりますので、審査ではマイナスの評価となります。勤続年数は長いほうが有利です。しかし年齢が高くなりすぎていると、今後の収入が減っていくことが予想されるため、あまり高い評価とはなりません。クレジットカードを持つのにも上限年齢制限があるのです。

一般のカードの場合、年会費は無料です。12月16日から翌年の12月15日の1年間の利用金額が50万円を超える場合、その次の年の年会費も無料になります。満たない場合は1250円プラス税の費用が必要です。家族カードを作った場合、年会費は400円です。ただし本会員の年会費が無料であればこちらも無料になります。ETCカードも発行することができますので、高速道路をお得に利用したい人でも問題ないでしょう。

海外で利用した場合、事務手数料として1.6%の費用が発生します。ゴールドカードも初年度の年会費は無料です。しかし翌年からは利用金額にかかわらず1万円プラス税の費用がかかります。ETCは無料で作ることができます。ポイント還元率もそこまで大きく変わることはなく、どちらのカードでも有効期限は2年間です。

一般カードとゴールドカードで大きく違っているのが、充実した付帯保険の有無です。一般カードでも旅行保険はついていますが、最高3000万円までです。ショッピング保険は100万円で90日間です。ゴールドカードの場合、海外旅行保険は1億円までとなっており、海外で事故や病気になったときに安心できる設計です。特に海外で病院を利用すると、日本の保険が利かないので高額の費用がかかってしまうことがあります。旅行に行くときに個別に保険に入る人もいますが、実はこうした保険付帯のクレジットカードを持っていれば、そうした旅行保険に加入しなくても賄えてしまうのです。ショッピング保険も500万円までついていますので、安心して買い物ができるでしょう。

そしてゴールドカードの場合、定期的に利用してしっかりと支払いをし、クレジットヒストリーを積んでいくことで、ブラックカード「THE CLASS」へのインビテーションが届くことがあります。このカードは幻のカードとも呼ばれるほど高いステータスがあり、コンシェルジュサービスを利用できる点が魅力的です。コンシェルジュサービスは自分で予約するのが困難なお店を取ってもらったり、さまざまなわがままに応えてくれるサービスです。ディズニーランドの会員制のレストラン「クラブ33」に年に1度だけ入ることもできます。

クレジットカードをすぐに発行できるかどうかは、カードを選ぶときの重要な課題の1つでもあります。しかし長い間利用するのであれば、その結果どのような特典があるのかにも注目してみるとよいかもしれません。いくら早く作れても、利用を続けるメリットが低ければ別のカードに切り替えたほうが良いことさえあります。クレジットカードは信用力の証でもあり、高いステータスのカードを目指すことで日々の生活が便利になることもあります。

カードを利用していくことによって、一般カードから、ゴールドへ、ゴールドからブラックへと、ステップを踏むこともできます。信用を作っていくためには長い年月が必要です。そして長い間保有しているカードがあると、それがまた別の会社から信用を得るための道具になることもあります。カードを作ったら毎月定期的に利用をして、高い信用力のある社会人を目指してみるとよいでしょう。信用力のある人は旅行やホテル、空港などで、さまざまな優待を受けることもできます。くれぐれも支払いに遅れてしまうようなことがないよう、自分の支払い能力を超えたカードの利用だけは控えるようにしましょう。一度滞納してしまうと、その情報は2年間は更新されません。